*

除湿器の電気代を節約する方法は?簡単お手入れ方法から人気商品の紹介!

 -雑学

除湿器は、梅雨や夏のじめじめした時に使う印象がありますが、冬は結露を防いだりと年中使います。

Sponsored Link

 

空気清浄機とともに、除湿器は各メーカーさんが競って製造されており、年々多機能・高機能化しています。

 

今回は、除湿器の電気代を節約する方法と、簡単なお手入れ方法、人気商品を紹介します。

 

 

除湿器とは?

a883-x09

参照元URL http://store.shopping.yahoo.co.jp/

除湿器とは、部屋の湿度を下げる機械ですね。

 

簡単に言うと、室内の空気を取り込み、空気中の水分を冷却器により水滴にし、乾燥した空気を室内に吐き出す機器のことです。

 

もっとわかりやすく言うと、空気中の水分を奪う電気機器です。

 

Sponsored Link

 

除湿器の種類

illust2100

参照元URL http://www.karacure.com/

除湿器には種類があり、コンプレッサー式、デシカント式、それらを組み合わせたハイブリット式があります。

 

ではそれぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

 

 

コンプレッサー式

空気を冷やすことで水分を取る方法です。

 

エアコンの除湿と同じです。

 

最近では、冷風機能・温風乾燥など、色々な機能が付属された除湿器が登場してます。

 

 

 

コンプレッサー式のメリット

高温時での除湿力が大きい為、梅雨・夏場に向きます

 

消費電力が少ないので、ランニングコストは、デシカント方式の半分ぐらいです。

 

使った時の室温の上昇が少ないです。

 

 

 

コンプレッサー式のデメリット

コンプレッサーが内蔵されている為、振動音が他に比べると大きいです。

 

本体のサイズが大きいので、設置場所を考えないといけない。

 

重さもあるので、持ち運びは少し大変です。

 

 

 

デシカント式

水分をゼオライトと言う乾燥剤に吸着させて、水分を取る方式です。

 

内蔵ヒーターを使って、吸着したゼオライトをあたため、熱交換器を通し、冷やされて水滴に戻り、タンクに溜まっていく仕組みです。

 

 

 

デシカント式のメリット

低温時での除湿力が大きいので、冬でも使えます

 

コンプレッサーが内蔵されていないので、軽量で小さくて静かなのが特徴です。

 

 

 

デシカント式のデメリット

ヒーターを使うので消費電力が大きい。発熱量が多い為、仕様時に部屋の温度が上がってしまう。

 

 

 

ハイブリット方式

コンプレッサー方式と、デシカント方式を組み合わせた除湿器で、1年中変わらない除湿能力を発揮します。

 

 

 

ハイブリット方式のメリット

コンプレッサー式と、デシカント式を融合させている分、お互いのデメリット部分をしっかりカバーしています。

 

 

 

ハイブリット方式のデメリット

新しいタイプの除湿器なので、値段が高い所です。

 

今の相場で6万円ぐらいです。

 

Sponsored Link

 

効果は?

最近は、住宅の機密性が高まり、室内の湿度は上がりやすい傾向にあります。

 

また花粉対策や大気汚染対策として、室内に洗濯物を干す機会も増えています。

 

部屋の湿度が上昇すると、不快指数が増しますし、湿度が高いと、カビや細菌の発生原因にもなります。

 

そんな湿気を除去するのですから、効果は計り知れません。

 

またエアコンと違って、色々な部屋に持ち運びできますし、数時間で除湿器のタンクには水がたまっています。

 

 

除湿器の平均電気代と節約の方法は?

貯蓄イラスト

参照元URL http://park-estate.com/

除湿器の電気代は、コンプレッサー式とデシカント式とハイブリッド式、3つの方式によって電気代が異なります。

 

電気代を、消費電力あたりの電気代として示します。

 

 

  • コンプレッサー式6円/時間、1日10時間運転したとして、1800円/月
  • デシカント式12円/時間、1日10時間運転したとして、3600円/月
  • ハイブリッド式夏はコンプレッサー式の運転、冬はデシカント式での運転が主。

 

電気代を見なおすのであれば、ご自身がお持ちの除湿器は、何方式かを知る所から始めましょう。

 

他の方法としては、電気代を落とすには週一回の掃除をする事です。

 

汚れがある内はムダなエネルギーを使う分、電気代が高くなってしまいます。

 

Sponsored Link

 

人気の除湿器は?

では最後に、人気の除湿機を紹介します。

 

除湿機と言っても、色々な種類がありますので、ご家庭に合った除湿機を見つけてくださいね。

 

 

人気の除湿器3位:パナソニックの除湿機


こちらはパナソニックの、デシカント方式の除湿機です。

 

ナノイー搭載で、空気も綺麗にしてくれる、一石二鳥の除湿機ですね。

 

部屋干しの嫌な匂いも取ってくれる、人気の除湿機です。

この除湿機をもっと詳しくみる

 

 

 

人気の除湿器2位:コロナの除湿機


こちらはコロナの、コンプレッサー式の除湿機です。

 

低消費電力なのに、パワフルなので広いリビングでもカラッと部屋干しできます。

 

お部屋を選ばない、スタイリッシュなデザインで除湿ができる、人気の除湿機です。

この除湿機をもっと詳しくみる

 

 

 

人気の除湿器1位:パナソニックの除湿機

この除湿機をもっと詳しくみる

こちらはパナソニックの、ハイブリッド方式の除湿機です。

 

たっぷりな大型タンクで、しっかりと除湿してくれます。

 

ツインルーバーで、たくさんの洗濯物もカラッと仕上げてくれますよ!

 

洗濯物の多いファミリーにぴったりな、人気の除湿機です。

 

Sponsored Link

 

除湿器から変なにおい!お手入れ方法は?

deodorant_13

参照元URL  http://www.e-classy.jp/

除湿器から変なにおいがするのは、除湿機内のカビが原因です。

 

フィルターや熱交換器に、カビが生えていることが多いそうです。

 

(手順)

フィルターはまず、掃除機でほこりを吸い取ります。

 

本体は、ぬるま湯か薄めた台所用中性洗剤を浸した、やわらかい布を絞って汚れをふき取ります。

 

タンクは2~3回水道水ですすぎ洗いをします。

 

(関連記事)

 

 

いかがでしたか?

 

これから活躍の場が増える除湿器。

 

夏メインか冬メインかで効果的な方式が変わるので、使用時期を決めてから買いに行くといいと思います。

 

エアコンの除湿機能では冷えすぎるし電気代かかるし、意外と除湿できなかったり・・・。

 

そんなときに手軽に除湿できる、除湿器は今や家庭の必須アイテムですね。

 

今回は、除湿器の電気代を節約する方法と、簡単なお手入れ方法、人気商品を紹介しました。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • ●最後まで読んで頂きありがとうございました!

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

  • 人気ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

PAGE TOP ↑