自分に似合う服装など、購入する前に把握していると便利ですよ。

なりたいスタイルやアイテムでも、実際の自分のイメージとは違うものになってしまうことありますよね。

せっかく購入したのにしっくりこない……

失敗のないおしゃれを楽しむために!自分に似合う色や服装をマスターしませんか?

そこで今回は自分に似合う服装や色とアクセサリーについて紹介します。

Sponsored Link

四季で例える自分に似合う服装や色

四季で例える自分に似合う服装や色

人間の肌の色は、四季に例えられています。

いわゆるSpring・Summer・Autumn・Winterに例えた4つの色のグループ。

四季に例えるととても分かりやすいですよね。

あなたはどの季節に当てはまるのか、チェックしていきましょう。

では四季で例える自分に似合う服装や色を紹介していきます。

春・Spring

四季で例える自分に似合う服装や色:春 spring

参照元URL https://note.com/ 

  • 肌の血色がいい
  • オークル系の肌が特徴
  • 髪は明るい色が似合う
  • 実年齢より若く見られる人が多く、明るい色が似合う

スプリングカラータイプの方は、若々しく明るい雰囲気で、アクティブ・カジュアルなイメージの方が多い印象です。

暖かみを感じる色や明るく鮮やかな色、クリアで透明感のある色などがおすすめ。

逆に青みがかったブルーベースの色や、くすみカラーが苦手なタイプでもあります。

苦手な色は顔まわりを避けて、小物で取り入れる◎

春・Spring メンズ

春・Spring メンズ春・Springカラーのメンズは、黄色やピンクなど、優しさ溢れる色合いの服装がおすすめです。

男らしくも優しく柔らかい印象で、顔周りに明るく鮮やかな色を取り入れると、血色が出てイキイキとしたフレッシュな印象を与えられますよ。

春・Spring レディース

春・Spring レディース

スウィートなピンクや新緑を思わせるグリーン系の色が似合う、春・Springカラータイプのレディースコーデ。

クリアで透明感のある色使いが、レディースを若々しい印象にしてくれますね。

爽やかでアクティブ感漂う、大人可愛いスタイルが叶いますよ。

Sponsored Link

夏・Summer

四季で例える自分に似合う服装や色:夏・Summer

参照元URL https://note.com/ 

  • 明るく、ほんのりピンクか赤みがある肌色
  • 優しげで落ち着きのある印象
  • 髪色は赤みのあるココアブラウンや淡い黒が似合う
  • ビビットな色よりも、ソフトなグレーやパステルカラーが似合うタイプ

上品でエレガントな雰囲気漂う、夏・Summerカラータイプ。

似合う色は、涼しげなブルーベースの色や明るいグレイッシュでソフトな色など、グラデーションを意識したよく似合います。

夏・Summer メンズ

夏・Summer メンズ夏・Summerカラータイプのメンズは、明るいグレーや淡いブルー系の服装がおすすめ。

ソフトな色合いは、カジュアルスタイルでも落ち着いた印象を与えます。

寒色系のワントーンコーデも、トレンドとして注目されていますよ。

夏・Summer レディース

夏・Summer レディース 夏・Summerカラータイプのレディースの服装は、優しげなパステルカラー使いがおすすめですよ。

ベーシックカラーの服装に、夏・Summerカラーを差し色として取り入れるのも◎

黄味の強い色を避けてコーディネートすると、顔色が明るい印象になりますよ。

Sponsored Link

秋・Autumn

四季で例える自分に似合う服装や色:秋・Autumn

参照元URL https://note.com/

  • 知的で大人っぽい印象
  • 瞳は深みのあるコゲ茶
  • 髪色はマットなダークブラウンが似合う
  • 茶色やカーキ、モスグリーンなどこっくりとした温かみのある色が得意

アースカラーをベースにした服装が似合います。

ブルーベースの色は、顔色を悪く見せてしまうので避けましょう。

秋・Autumn メンズ

秋・Autumn メンズくすみ色や渋めの色を取り入れても地味になりにくいのが、秋・Autumnタイプのメンズ。

シックで重たい印象になりがちな服装でも、上品さ漂う魅力的な着こなしが完成しますよ。

秋・Autumn レディース

秋・Autumn レディース

落ち着いたブラウンカラーを取り入れた服装は、秋・Autumnカラータイプのレディースにおすすめ。

柔らかく優しげな表情を演出してくれますよ。

ポイント使いでアクセントカラーを取り入れるのも◎

あえてコントラストをつけない服装も、ニュアンスのあるおしゃれな雰囲気を演出できますよ。

Sponsored Link

冬・Winter

四季で例える自分に似合う服装や色:冬・Winter

参照元URL https://note.com/

  • 肌は色白で透明感がある
  • 瞳の色は濃い黒、白目と黒目境目はハッキリしている
  • 髪は色は深みのある色でツヤ感アップ
  • モノトーンや明るくクリアなビビッド色が似合う

冬・Winterカラータイプは、シャープで都会的・個性を感じる方が多い印象。

黒は冷たい色や鮮やかなビビッド色と相性がよく、コントラスをつけた全身黒の服装でも似合うタイプです。

冬・Winter メンズ

冬・Winter メンズ

冬・Winterカラータイプのメンズは、クールな黒やくすみがかったブルーベースの色がとてもよく似合います。

黒のワントーンでも野暮ったさを感じさせないのも特徴ですね。

シックに決めると、大人っぽくとてもかっこいいスタイルが完成しますよ。

冬・Winter レディース

冬・Winter レディース

レディースで冬・Winterカラータイプの方は、黒をベースにした服装がよく似合いますね。

落ち着いた上品な印象をキープした、モード感漂うスタイルが完成します。

差し色に紫やピンクなど、ブルーベースの色を取り入れると華やかさをアップできますよ。

Sponsored Link

自分に似合う服装でファッション小物(帽子編)

続いては自分に似合うファッション小物(帽子編)を紹介します。

で自分に似合った服装をマスターしたら、次はファッション小物も自分に似合うものを選びたいですよね。

ファッション小物の代表でもある帽子!

今まで「自分は帽子が似合わないから」と、諦めていた人も多いのではないでしょうか。

しかし実際、似合わない顔などないんですよ。

自分に似合う帽子は、顔のカタチにより変わります。ぜひ自分に似合う帽子を見つけてみましょう。

丸顔

自分に似合う帽子:丸顔

基本的に何でも無難に似合うタイプなのが丸顔さん。

特に丸いシルエットの帽子がとてもよく似合います。

キャップならフラットなつばタイプ。ハットだとバケットハットがおすすめですよ。

縦の長さを出すために浅くかぶったり、おでこを出すように、後ろに倒してかぶるとバランスよくまとまります。

トップが高い位置に見えると◎

逆に目深にかぶると縦の短さが強調されて、ますます顔が丸く見えてしまうので注意しましょう。

面長

自分に似合う帽子:面長

面長さんも無難に帽子が似合うタイプです。

細長いタイプの帽子は面長を強調してしまうので、高さのあるハットはNG。

ニット帽アウトドアハットベレー帽キャップだとツバの丸いタイプがおすすめですよ。

頭部が平らなものや浅めの帽子が似合うので、クールで大人っぽい印象にしてくれるハンチングも◎

Sponsored Link

四角・ベース顔

自分に似合う帽子:四角・ベース顔

四角・ベース顔さんは、ツバの短くボリュームのないシンプルな帽子を選ぶと逆効果!

正面から見て、顔の幅を超える大きめツバのものを選びましょう。

四角いシルエットのものが似合うので、バケットハットがおすすめ。

つばが丸いキャップは、フェイスラインをうまくカバーしてくれるでのよく似合いますよ。

逆三角顔

自分に似合う帽子:逆三角顔

逆三角顔さんは、シャープなフェイスラインを引き立てる帽子がおすすめ。

浅めの帽子よりも、深めの帽子でしっかり深くかぶるといいですよ。

キャップはもちろん、つば広のハット系もおすすめですね。

トップにボリュームを与えると、華奢なフェイスラインが強調されて、レディースならキュートに。メンズならクールな印象に仕上がります。

アゴを強調したくない方は、クラウンの先端が細長いものをかぶると、顔なじみがよくなりますよ。

Sponsored Link

色白や色黒が似合うファッション小物(アクセサリー編)

自分に似合うアクセサリー

一般的に色黒=ゴールドアクセサリー色白=シルバー系のアクセサリーが似合うと言われています。

こんがり日焼けした色黒の方は、ゴールドアクセサリーが肌馴染みよく、華やかな印象に仕上がります。

色白の方はシルバー系のアクセサリーがおすすめで、より肌の透明感がアップしますよ。

アクセサリーは肌の色だけではなく、着ている服に対しても上手に馴染んでいるか、溶け込んでいるかも意識してくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

自分に似合う服装や色は、なんとなくイメージできましたか?

実際に自分の中で「この色は似合わない」や「帽子が似合わない」などと、決めつけてしまっていませんでしたか?

自分に似合わない服装を決めるよりも、自分に似合う服装を知ることが大切です。

人間は肌の色も髪色も輪郭も十人十色。

ぜひ自分自身に似合う色や服装を見つけて、もっとおしゃれを楽しみましょう!

今回は自分に似合う服装や色とアクセサリーについて紹介しました。

Sponsored Link