*

夏の冷えの原因は?対策と予防法を紹介します!

 -健康, 夏情報

太陽がギラギラ照りつける暑さも苦手、でも本当にツライのは夏の冷え・・・。

という悩みをお持ちの方も実は少なくないはずです。

Sponsored Link

 

地球温暖化対策や省エネの観点から、冷房の効き加減は緩くなってはきましたが、苦手な方にとっては深刻なテーマに変わりありません。

 

今回は、夏の冷え原因や、対策と予防法などを紹介します。

 

何故夏は身体が冷えやすい?


spuli_ph_11

参照元URL www.pluswellness.com/

夏に体が冷えやすくなる主な原因は、ズバリ冷房です。

 

冷房が効き過ぎた場所で長時間過ごすと、汗をかかずに済んでしまい、体の流れが滞り老廃物が溜まりやすくなり、血の巡りが悪くなります。

 

結果、手足や体が冷えやすくなってしまうのです。

 

また暑さにかまけて、冷たい飲み物や食べ物を摂りすぎると、内臓も冷えてしまい、頭痛やだるさといった夏バテにつながってしまいます。

 

Sponsored Link

 

夏に冷えがおきる原因


ondosa_i

参照元URL http://matome.naver.jp

人間の体は元々、体温を常に一定に保つよう作られていますので、激しい運動をすると体内に熱を生じますが、汗をかくことで体温の降下調整をします。

 

言い換えれば、発汗時の気化熱を利用し、体の中に滞留する熱を体外に放出しているのです。

 

それなのに涼しい環境で汗をかかずに過ごしてしまうと、体の熱がどんどん奪われてしまいます。

 

そうすると全身に張り巡らされている毛細血管が、熱の放出を少しでも防ごうと血流量を減らし、汗腺も収縮して体の熱が奪われないよう作用します。

 

このような状態で温度差の激しい場所へ移動すると、血管は急激に拡張し、汗腺も全開して順応しようと懸命になるわけです。

 

 


column_pic01_2

参照元URL http://www.karacure.com/

そして日常的にこの極端な温度変化を繰り返すと、血流量と汗腺の2つの機能を司る自律神経に影響します。

 

自律神経は、睡眠・血圧・体温の調整や、内臓や免疫機能の働きに関わるため、さまざまな症状が体のあちこち出てきてしまうのです。

 

 

 

夏の冷えが起きた時の対策は?

それでは夏の冷えが起きてしまった時はどう対処すればいいのでしょうか?

 

夏の冷えが起きた時の対策を紹介します。

 

 

夏の冷えが起きた時の対策1:食べ物で体を温める

夏の冷えが起きた時の対策1つ目は、食べ物で体を温めることです。

 

温かい食べ物、ビタミンB・C・Eの摂取、白より茶色の食べ物、黒砂糖や、玄米などを摂るといいですよ。

 

 

 

夏の冷えが起きた時の対策2:シャワーより湯船につかる

夏の冷えが起きた時の対策2つ目は、シャワーより湯船につかることです。

 

湯船につかるのが難しければ、足湯だけでも効果的ですよ。

 

 

 

夏の冷えが起きた時の対策3:冷えに効くツボを温める

夏の冷えが起きた時の対策3つ目は、冷えに効くツボを温めることです。

 

くるぶしの内側から指4本分の所に位置したツボは、「三陰交」と呼ばれるツボで、体をを温めるのに効果的です。

 

レッグウォーマーお灸などを活用するのもオススメです。

 

Sponsored Link

 

夏の冷えが起きた時の対策4:自律神経を調節する

夏の冷えが起きた時の対策4つ目は、自律神経を調節することです。

 

半身裸の状態でうなじから背中の真ん中まで、背骨を中心にドライヤーを上下に動かしつつ、皮膚をさすりながら4分弱暖める。

1日1~2回、1週間続けると、自律神経の調整に効果あり)。

 

 

 

夏の冷えが起きた時の対策5:運動をする

夏の冷えが起きた時の対策5つ目は、運動をすることです。

 

小まめに体を動かし、定期的な運動を心がけましょう。

 

 

 

夏の冷えが起きた時の対策6:睡眠をしっかりととる

夏の冷えが起きた時の対策6つ目は、睡眠をしっかりとることです。

 

規則正しい睡眠を確保し、体をしっかりと休め、リセットさせましょう。

 

 

 

夏の冷えが起きた時の対策7:締め付けない

夏の冷えが起きた時の対策7つ目は、締め付けないことです。

 

血行を悪くするキツイ下着は避け、ハイヒールも含め合わない靴ははかないようにしましょう。

 

 

とにかく一言でいうと、体を温めることが大事なのです。

 

Sponsored Link

 

夏の冷えのNG対策は?


o0300043011240162495

参照元URL http://xn--w8jtgthsd164rwu3a2ytnug.net/

体が冷えてくると意外とやりがちな行動ですが、実は逆効果な事をしている事があります。

 

続いては夏の冷えのNG対策を紹介します。

 

 

夏の冷えのNG対策1:熱いお湯(42度以上)での入浴

夏の冷えのNG対策1つ目は、熱いお湯(42度以上)での入浴をすることです。

 

この対策は、よくあることではないでしょうか?

 

冷えた体のまま湯船に浸かると、体を小さくしてしまいますが、それが気持ちよかったりしますよね。

 

熱いお湯は、冷えた体を急激に温めますが、その後、「湯冷め」を起こしてしまうため、体が冷えてしまいます。

 

 

 

夏の冷えのNG対策2:体温を上げそうな辛い食べ物を食べる

夏の冷えのNG対策2つ目は、体温を上げそうな辛い食べ物を食べることです。

 

実は唐辛子は陰性なので、一時的に体温は上昇しますが、体を冷やしてしまいます。

 

ただしショウガは暖める効果があるので、摂取するようにしましょう。

 

 

 

夏の冷えのNG対策3:温度変化を無視して、重ね着をし続ける

夏の冷えのNG対策3つ目は、温度変化を無視して、重ね着をし続けることです。

 

これをよくやってしまいがちな行動ですよね。

 

寒いと当然重ね着をしてしまいますが、リアルタイムで人間の体温は変化しています。

 

かいた汗で体を冷やしかねないので、こまめに調節することが重要です。

 

Sponsored Link

 

夏の冷えを防ぐ予防法は?

では最後に夏の冷えを防ぐ予防法を紹介します。

 

会社などでは、なかなか温度調節ができないと思うので、自分で冷やさない工夫をしてくださいね。

 

 

夏の冷えを防ぐ予防法1:暖かグッズで温める

夏の冷えを防ぐ予防法1つ目は、首・脚・お腹を冷やさないことです。

 

上着やスカーフ、レッグウォーマーや腹巻きで、出来るだけ暖めるようにしましょう。

 

 

 

夏の冷えを防ぐ予防法2:冷たい物を摂りすぎない

夏の冷えを防ぐ予防法2つ目は、冷たい物を摂りすぎないことです。

 

暑いとどうしてもキンキンに冷えた冷たい飲み物や、アイス、かき氷などを食べてしまいがちですが、摂りすぎないように、ほどほどにしてくださいね。

 

 

 

夏の冷えを防ぐ予防法3:冷房の使い方を工夫する

夏の冷えを防ぐ予防法3つ目は、冷房の使い方を工夫することです。

 

なるべく除湿にしたり、直接風に当たらないようにしましょう。

 

暑い夏だと、ついついクーラーをつけっぱなしにしてしまいますので、寝る時はタイマーを活用しましょう。

 

 

 

夏の冷えを防ぐ予防法4:代謝を上げる

夏の冷えを防ぐ予防法4つ目は、代謝を上げることです。

 

定期的に運動して汗をかき、代謝を上げるようにしましょう。

 

ウォーキングや、簡単なストレッチで十分です。

 

少し早起きをして、朝の太陽を浴びながらの運動も気持ちがいいですよ!

参照元URLhttps://www.youtube.com/watch?v=HAMG2IQ5lxI

 

(関連記事)

 

いかがでしたか?

 

快適な温度にも個人差があるので、温度調節をする時も思いやりが大切ですよね。

 

日頃から冷え性対策を心がけ、夏バテしにくい健康な体で元気にこの夏を乗り越えましょう!

 

今回は、夏の冷え原因や対策と予防法などを紹介しました。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • ●最後まで読んで頂きありがとうございました!

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

  • 人気ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【最新情報】USJのハロウィン・ホラーナイト2018の期間と仮装のルール・人気の仮装を紹介!

2018のホラーナイトの公式内容が発表されました!  

ハロウィンでポリスの仮装!衣装や仮装を紹介!

もう少しでハロウィンですが、準備はされていますか? &n

ハロウィンの人気の仮装2018!女性と男性に人気の仮装を紹介!

2018年のハロウィンももう少しです。   今年

ハロウィンのメイク2018ゾンビ・魔女・傷・猫など簡単なメイクのやり方を紹介!

秋になればそろそろ、ハロウィン仮装の準備を始める方も多いのではないでし

ハロウィンでディズニーの仮装!大人や子供に人気な衣装は?

秋になり、ハロウィン仮装の準備をそろそろ始める頃になってきましたね!

→もっと見る

PAGE TOP ↑