*

夏フェスの持ち物リストの紹介!日帰りで必要な持ち物は?

 -夏情報, 音楽関連

とうとう夏の足音が聞こえてきました。

Sponsored Link

 

夏と言えば「音楽」で、「音楽」と言えば夏フェスですね!

 

夏フェスの開催が待ちきれない方も、多くいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そこで今回は、

日帰りの夏フェスの持ち物で必要な物のリストをご紹介します。

 

 

夏フェスの持ち物について

夏フェスの持ち物について

参照元URL  http://hide3190ym.exblog.jp/

 

夏フェスに行く時、手軽に行きたいものですよね?

 

あまり大荷物になると移動が大変で、ライブを楽しめなくなってしまいます。

 

持ち身軽な状態でライブを楽しみましょう。

 

ではさっそく、夏フェスの持ち物をご紹介します。

 

 

夏フェスの持ち物1(チケット)

夏フェスチケット

参照元URL http://www.7438.com/

チケットは、まさに必要不可欠です。

 

夏フェスのチケットがなかったら中にすら入れないので、これだけは絶対に忘れないようにしましょう!

 

 

 

夏フェスの持ち物2(お金)


売店などもあるので、お金は必要です。

 

ただ夏フェスではスリなども多く、財布に関しては気をつけなければいけません。

 

こちらの財布のように、ウォレットチェーン付のものなどでスリ予防に努めましょう。

 

万が一の為に財布を2個に分けておくのもいいかもしれないですね!

この財布をもっと詳しくみる

 

 

 

夏フェスの持ち物3(タオル)


このタオルをもっと詳しくみる

夏フェスに行くときは、1人当たり2~3枚のタオルは用意しておくといいですね。

 

頭に乗せて帽子代りにもなり、日焼け対策でも使えます。

 

こちらのように最近では、首に冷却剤が入ったタオルも販売されているので、普通のタオル2枚と、首もとの冷却タオルを1枚でもいいかもしれないですね!

 

後現地では、販促物として販売している所はあるので、いざというときは、そちらで購入してくださいね。

 

Sponsored Link

 

夏フェスの持ち物4(帽子)


夏フェスでは1日中、直射日光にさらされる事もありますので、熱中症、日焼け対策に帽子は必須です。

 

あまりツバの大きな物は、回りの方の顰蹙を買ってしまう事もありますのでご注意ください。

 

こちらのワークキャップは、デザインも豊富で、男女兼用で使っていただけるので、おすすめの帽子です。

 

最近では、バケットハットも人気がありますよ!

この帽子をもっと詳しくみる

 

 

 

夏フェスの持ち物5(ウェットティッシュ)

夏フェス ウェットティッシュ

参照元URL http://www.hs-honpo.com/

食べこぼしなどで、

その都度お手洗いに行っていては、お目当てのアーティストを見逃してしまいます。

 

夏フェスのお手洗いは非常に混雑しますので、お手拭きは必ず用意しておきましょう。

 

 

 

夏フェスの持ち物6(着替え)

tshirt

参照元URL http://www.node-lab.org/

Tシャツの着替えは用意しましょう。

 

夏フェスでは汗をかきますので、汗をかいたらそのままにせずに、ちゃんと着替えるようにしましょう!

 

もし急に雨が降ってきた場合、濡れてしまったまま過ごすと、風邪をひきかねません。

 

Sponsored Link

 

夏フェスの持ち物7(パーカーなどの羽織もの)

p1030786 theme01_a

参照元URL http://www.qetic.jp/

 

暑いのでいらない!と思う方もいらっしゃると思いますが、もし、山側の夏フェスに行くのであれば、必要になってきます。

 

山側の夏フェスでは気候の変化も激しいので、夜になるにつれ冷え込んできます。

 

ただでさえ、汗をかいているので、冷えないように対策しておきましょう。

 

 

 

夏フェスの持ち物8(レインコートやウインドブレーカー)


夏フェスでは突然の雨や、放水パフォーマンスで濡れてしまうこともあり、夕方以降の気温低下に備えましょう。

 

山側の野外フェスとかでは、

天候の変化が激しいので持っていくと役に立ちます。

 

もし帰りに邪魔でしたら捨てて帰れるように、安い物を選ぶのもポイントです

このレインコートをもっと詳しくみる

 

 

 

夏フェスの持ち物9(サングラス)

夏フェス サングラス

参照元URL http://www.qetic.jp/

日中の夏フェスは、太陽の光で、ステージが見づらい事があります。

 

紛失する事がありますので、あまり高価なものは控えた方がいいと思いますよ。

 

せっかくなので、夏フェスらしく、普段使うものより派手なものをチョイスしてみるのもいいですね!

 

Sponsored Link

 

夏フェスの持ち物10(日焼け止め)


夏フェスでは女性でも男性でも、日焼け止めを塗らないで長時間炎天下にいると、大変な事になってしまいます。

 

どうしても汗をかいて流れてしまうので、ウォータープルーフタイプがおすすめです。

 

過剰な日焼けをしない為にも、お肌のケアはしっかりとしておきましょう。

この日焼け止めをもっと詳しくみる

 

 

 

夏フェスの持ち物11(虫除けなど)


山側の夏フェスでは蚊やブヨなどが多くいます。

 

汗やアルコールで、刺されやすくなりますので注意してくださいね!

 

虫除けはスプレー缶よりも、シールタイプなどの方が便利です。

この虫除けシートをもっと詳しくみる

 

 

 

夏フェスの持ち物12(保険証)

夏フェス 保険証

参照元URL http://cocoro-jizoudouri.com/

夏フェスでは熱中症などが起こってしまう可能性も少なくはありません。

 

もしもの時の為に、備えておきましょう。

 

保険証は大切な物なので、紛失しないようにしっかりと管理しましょう。

 

 

夏フェスの持ち物13(レジャーシート


夏フェスで長時間立ったままでは、楽しいライブも辛くなってしまいます。

 

レジャーシートがあれば、座ってゆっくりライブが観られます

 

こちらのレジャーシートは、カバンの様に収納できるので、持ち運びも便利ですね。

このレジャーシートをもっと詳しくみる

 

 

 

夏フェスの持ち物14(飲料水)


夏フェスの売店が混み合っていると、中々手に入りづらいので、1人1本は最低でも用意しましょう。

 

暑い中でのライブですから、熱中症対策にも必要です。

 

ミネラルウォーターやスポーツ飲料を、事前に凍らせて持って行くのもおすすめですよ!

この飲料水をもっと詳しくみる

 

 

 

夏フェスの持ち物15(簡単な携帯食)


ライブ中におなかが空いて、集中できないなんて事になったら勿体ないですよね。

 

夏フェスに持って行く軽食としておすすめなのは、暑さで腐らない物ですね。

 

SOYJOYやカロリーメイトなどでしたら、小さいので持ち運びも便利ですね!

この携帯食をもっと詳しくみる

 

 

(関連記事)

いかがでしたか?

 

夏フェスの準備に役立ちましたでしょうか?

 

ある程度必要なものを厳選したつもりですが、これをすべて持って行くと中々な荷物になってしまいます。

 

複数人で夏フェスに行く場合は、荷物の担当分けをするなど工夫をしましょう!

 

今回は、日帰りの夏フェスの持ち物で必要な物のリストをご紹介しました。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • ●最後まで読んで頂きありがとうございました!

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

  • 人気ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【最新情報】USJのハロウィン・ホラーナイト2018の期間と仮装のルール・人気の仮装を紹介!

2018のホラーナイトの公式内容が発表されました!  

ハロウィンでポリスの仮装!衣装や仮装を紹介!

もう少しでハロウィンですが、準備はされていますか? &n

ハロウィンの人気の仮装2018!女性と男性に人気の仮装を紹介!

2018年のハロウィンももう少しです。   今年

ハロウィンのメイク2018ゾンビ・魔女・傷・猫など簡単なメイクのやり方を紹介!

秋になればそろそろ、ハロウィン仮装の準備を始める方も多いのではないでし

ハロウィンでディズニーの仮装!大人や子供に人気な衣装は?

秋になり、ハロウィン仮装の準備をそろそろ始める頃になってきましたね!

→もっと見る

PAGE TOP ↑