衣類やバッグに靴・・・普段は便利なスグレモノのファスナーですが、突然壊れてスムーズに動かない!

Sponsored Link

という冷や汗ものの情況、誰もが一度は遭遇したことがあるのではないでしょうか?

そこで今回は、ファスナーが壊れた時の直し方や、噛んだり外れたりした時の対処法を紹介したいと思います!

ファスナーが噛んで動かなくなった時

今までのスムーズな上げ下げはなんだったの??と思わずファスナーを責めたくなる瞬間ですが、まずは落ち着いて以下の5つのいずれかの手順を試してみてください。

鉛筆

鉛筆を使うことです。

鉛筆の先でファスナーの歯(エレメント)をこすってから動かしてみると、スムーズに動く事がありますよ。

潤滑油

潤滑油を使うことです。

ファスナーが年期モノの場合には、錆が原因で滑りにくくなり、食い込みも抜けにくくなりがちです。

噛んでしまった箇所に、潤滑油(ミシン油なければサラダ油でもOK)を2~3滴たらしてから再び生地を引っ張ってみれば、スムーズに動く事がありますよ。

滑らせる

固形石けん・ワセリン・リップクリームを使ってみることです。

綿棒に固形石けん・ワセリン・リップクリームのいずれかを取り、ファスナーの両側につけて動かしてみると、スムーズに動く事がありますよ。

 

※ファスナーが動かなくなった時の直し方1〜3までの動画


参照元URL https://youtu.be/seDQuPlKi9I

Sponsored Link

逆に動かしてみる

逆に動かしてみることです。

生地を優しく横(水平に)引っ張りながら、食い込み方向と逆に向けて動かしてみると、スムーズに動く事がありますよ。

道具を使い生地を引っ張る

道具を使い生地を引っ張ってみることです。

薄めの定規やマイナスドライバーピンセットを、ファスナーと生地が食い込んだ箇所に滑らせるように入れ、小さなすき間を作りゆっくり優しく生地を引っ張ってみると、スムーズに動く事がありますよ。

Sponsored Link

ファスナーを閉めても開いてくる時

ファスナーを上げてもすぐに落ちたり、閉めようとしてもすぐにまた開いてしまう場合には、ファスナーの歯(エレメント)を一つずつ確認して、飛び出しているエレメントを見つけたら、まっすぐ並ぶようにペンチで整えてください。

またスライダー部分の緩みが原因の場合には、ペンチが大活躍します。

もし並びに問題はなく異物も挟まっていないようであれば、スライダーそのものがゆるんでいる可能性もあります。

ファスナーを閉めても開いてくる時

参照元URL https://lyncs.ykkfastening.com/

この場合には上記画像のように、エレメントの噛み合わせが良くなるよう、ペンチでスライダーを締め付けてみましょう。

ただしファスナーはデリケートです。

閉めすぎてしまうと動かなくなる場合もあるので、力の加減は慎重にしてください!

Sponsored Link

噛み合わせが片方外れてしまった時

お願いしまって~!!!と力を入れたら、噛み合わせ部分が片方はずれてしまうこともよくあります。

このような場合には、

ファスナーの根元の糸をほどいて一旦外してから、またはめ直して縫い直します。

少し込み入った作業にはなるので、自分の手には負えない・・・。

と感じた場合には、壊してしまい使えなくなる前に、洋服のリフォームなどをしている修理屋さんに助けを求めましょう。


参照元URL https://youtu.be/Ou91FTOZZxM

まとめ

いかがでしたか?

デザインも色も気に入っているダウンのファスナーが、壊れて途方にくれた経験があります。

長いファスナーへの負担は相当なもの。

大切に上げ下げしていたつもりでも、トラブルは避けられず結局リフォームショップで、2千円程の費用で交換してもらった時があります。

リフォームショップを活用するのも大事ですが、ご自身でできる直し方や対処方もありますので、しっかり実践してみてください。

今回は、ファスナーが壊れた時の直し方や、噛んだり外れたりした時の対処法を紹介しました。

Sponsored Link