普段着ている服のメンテナンス、あなたはどのようにしていますか?

お気に入りの服は、ついつい他の服に比べると着用する回数が自然に増えますよね。

その分、服が駄目になるのも早くありませんか?

せっかくのお気に入りの服なのに、捨てなければいけなくなるのも、できれば無くしたい。

お気に入りの服だからこそ、少しでも長持ちさせたいですよね。

そこで今回は服を長持ちさせる方法と、正しい洗濯やたたみ方などお手入れを紹介します。

Sponsored Link

服を長持ちさせる方法13例!

お気に入りの服を長持ちさせるには、普段のお手入れが大切。

しっかりとお手入れをすることで、節約にも繋がります。

それではさっそく服を長持ちさせる方法を紹介します。

着回しすぎない

着回しすぎない

参照元URL https://wear.jp/

シンプルな方法ですが、毎日というほど同じ服を着回すことは、服の寿命を縮めてしまう可能性があります。

人間も物も同じように、どんなものでも休息が必要です。

とくに男性であればスーツ。連日同じものを着用するのはNG。

パンツはジャケットの2倍は傷みやすいと言われています。

しっかりと服にも休息の時間を与えることが、長持ちする秘訣なんですよ。

保管する

保管する

参照元URL https://www.ccmart7.com/

人によっては職業柄、服が大好きで毎年多くの服を購入する人も少なくないですよね。

その中にはシーズン物があると思いますが、着ない服はしっかりとお手入れをして保管することが大切です。

スーツはスーツ用ケースに入れたり、クローゼットには詰め込みすぎないように収納すると、服を長持ちさせることに繋がりますよ。

※こちらは、下記の正しいたたみ方と収納方法で詳しく紹介します。

ハンガーを選ぶ

ハンガーを選ぶ

参照元URL https://fumakilla.jp/

服によってハンガーにかけるのは当然ですが、ハンガーにかければそれでいいという訳ではありません。

安いプラスチックやワイヤー製などにかけると、型崩れの原因になってしまいます。

とくにスーツは、購入時のハンガーをそのまま使用するのもおすすめで、節約にも繋がりますよ。

またジャケットやコートなどは木製のハンガーを使用すれば、重さに耐えられるので、型崩れ防止になり服が長持ちします。

Sponsored Link

乾燥機はなるべく使用しない

乾燥機はなるべく使用しない

参照元URL http://www.cleaning.ne.jp/

乾燥機を使うことで、服の色落ちや縮みの原因になります。

また伸縮素材を駄目にしてしまう原因にもなるので、可能な限りハンガーに掛けて自然乾燥させるといいでしょう。

洗濯方法に注意する

洗濯方法に注意する

参照元URL https://sieve-online.jp/

こちらでは下記の正しい洗濯方法で紹介しますが、まとめて洗ったり、洗い方を変えるだけで、無駄な服の傷みを減らせられます。

服1つ1つに合った洗濯方法が、長持ちさせる秘訣なんです。

洗濯後の干し方:トップス

洗濯後の干し方:トップス

参照元URL http://uchinowa.com/

洗濯後の干し方を見なおすと、服を長持ちさせられます。

アイテムによって干し方を変えることが大切。

トップスをハンガーにかけて干す場合は、針金ハンガーは使用せず、しっかりとした太めのハンガーがおすすめです。

また他の服との間隔を空け、形を整えて風通しよく干すことで型崩れ防止になるので、服の長持ちに繋がりますよ。

Sponsored Link

洗濯後の干し方:ボトムス

洗濯後の干し方:ボトムス

参照元URL https://dot.asahi.com/

ボトムを筒状にするように、風通しよく干すのがおすすめ。

またスカートやパンツは脱水直後、半乾き状態で当て布をしながらアイロンをかけると、シワ防止にもなりますよ。

洗濯後の干し方:セーターなど

洗濯後の干し方:セーターなど

参照元URL https://www.roomie.jp/

セーターなど型崩れしやい服は、画像のような平置きできるアイテムを使用すると◎

平置きで干す場合も、しっかり整えてから干してくださいね。

何段かになっているものだと、スペースが少なくても何着か干せるのでおすすめです。

ドライクリーニング

ドライクリーニング

参照元URL kajitaku.com/

ドライクリーニングを極力しないことで、服を長持ちさせられます。

ドライクリーニングは、化学薬品を使用するため、頻度が多くなれば服を傷めてしまいますので、できる限り控えましょう。

Sponsored Link

洗濯カゴ

洗濯カゴ

参照元URL https://www.georges.co.jp/

使用する洗濯カゴも実は重要。

洗濯前に入れる洗濯カゴは、やわらかいゴム製のものを使用すると服を傷つけずに済みます。

堅いものより、やわらかいものを選びましょう。

濡れたまま放置しない

濡れたまま放置しない

参照元URL https://39mag.benesse.ne.jp/

着用した服は絶対放置しないこと。

一度着た服を放置すると、汚れや汗が細菌や害虫のエサとなり、虫食いやカビの発生につながって、服を傷めてしまう原因になります。

着用した服は放置せずに小まめに洗濯をすると、服が長持ちしますよ。

丁寧に着用する

丁寧に着用する

参照元URL https://kinarino.jp/

当たり前のことですが、服を丁寧に着用することです。

路上に座ったり、服が傷付いてしまいそうな所を避けると、服の傷みを防止できます。

首元を引っ張っると、伸びたり寄れる原因になるので気をつけてくださいね。

着用後のケア

着用後のケア

参照元URL https://zutto.co.jp/

帰宅後、服をケアするのも大切ですよ。

服の汚れの大部分が、汗と埃などによるもの。

服を脱いだらハンガーにかけて、汚れの原因である埃をブラッシングで落としましょう。

また汗は霧吹きで湿る程度に水をかけ、風通しのいいところにハンガーでかけておくと、臭いやシワを防止できます。

Sponsored Link

服を長持ちさせる為の正しい洗濯方法5例!

何気なく洗濯していると、お気に入りの服が傷んでしまっているかもしれません。

しっかりと正しい洗濯方法をマスターして、大切な服を長持ちさせましょう。

続いては服を長持ちさせる為の正しい洗濯方法を紹介します。

洗濯表示

洗濯表示

参照元URL https://letact.jp/

洗濯表示を正しく理解できていますか?

ご存じない方は、一度に理解するのは大変ですが、表示に基づいた洗濯を行なっていきましょう。

スチーマー

スチーマー

参照元URL https://tokusengai.com/

前章でドライクリーニングは極力控えるとお伝えしましたが、その変わりになるのがスチーマーを使用する方法。

スチーマーだと余分な化学薬品を使用せず、服を傷めずに綺麗にお手入れできるのでおすすめです。

手洗い

参照元URL https://youtu.be/

型崩れが心配な服は手洗いをすると、他の服との摩擦がなくなります。

また手洗い時は動画の様に、20~30度のぬるま湯につけ、両手を使って軽めに押し洗いしてください。

一部分を持って持ち上げたり、無理に引っ張ってしまうと、一瞬で服が伸びてしまいます。

丁寧に優しく押し洗いすることがポイントですよ。

Sponsored Link

冷たい水を使う

冷たい水を使う

参照元URL https://news.line.me/

服を長持ちさせるための正しい洗濯方法は、冷たい水を使うです。

冷たい水に少ない洗剤で洗うと、服を傷つけずに洗濯ができます。

冷たい水は洗剤が溶けにくいとも言われていますが、洗剤を少なくしたり、洗剤が溶ける20度の水温にするなど、毎回同じではなく変動して洗濯すると服が長持ちしますよ。

分けて洗濯する

分けて洗濯する

参照元URL https://www.kajitaku.com/

一度に多くの服を洗濯せず、分けて洗濯しましょう

洗濯の基本は、洗濯物同士を回してこすって洗い上げています。

量が多いと洗剤も残ってしまい、ただ回っているだけになっているかもしれませんよ。

洗濯機に入る7割~8割程度の量にすると、服が傷みにくく綺麗に洗濯できます。

またデニムのような硬い生地がある場合は、他の服を傷めてしまうので、必ず分けて洗ってくださいね。

Sponsored Link

服を長持ちさせるための正しいたたみ方と収納方法7例!

服のケアや洗濯方法をマスターした後は、どのようにたたみ、収納する工程も、服を長持ちさせるために重要です。

着用して洗って収納するまでをしっかりと理解することで、服を長持ちさせられるので、ぜひ最後までチェックしてくださいね。

それでは服を長持ちさせるための、正しいたたみ方と収納方法を紹介します!

Yシャツ

参照元URL https://youtu.be/

男性の必須アイテムであるYシャツは、アイロンがけが終わったら、直ぐにたたまないことが大切です。

直ぐにたたんでしまうと湿気が残った状態で、アイロンがけが無駄になってしまいます。

また動画のようにYシャツをたたむと、シワになりにくく綺麗にたためますよ。

Yシャツ収納

参照元URL https://store.shopping.yahoo.co.jp/

収納する時、Yシャツに服を重ねるとシワの原因になります。

画像のようなラックがあると、無駄なシワを作らず服を綺麗に保てますよ。

タートルネック

参照元URL https://youtu.be/

秋冬ファッションに欠かせないタートルネック。

マストアイテムな分、着る回数が増えるので、しっかりと正しいたたみ方で長持ちさせましょう。

動画のように、ネックの部分を曲げてコンパクトに収納したり、ネックを折るだけにすると、どれがどの服かわかりやすくなりますよ。

Tシャツ

参照元URL https://youtu.be/

 

利用頻度が高いTシャツなので、何着かお持ちの方が多いと思います。

量が多いとつい面倒になって、適当にたたんで収納してしまいがち…

正しいたたみ方・収納方法なら、服のシワ防止に繋がりますよ。

ロンT

参照元URL https://youtu.be/

ロンTは、袖が長くてたたみにくアイテムもありますよね。

Tシャツ同様に、持っているアイテム数が多いと思いますので、ロンTの正しいたたみ方をマスターして綺麗に収納しましょう。

ボトムス

参照元URL https://youtu.be/

メンズ・レディース共に、ボトムスのたたみ方で悩んだことありませんか?

アイテムが大きい分、しっかりとたたまないとシワになりやすく、収納スペースを多く取ってしまいます。

Tシャツ同様、たたみ方はとっても簡単!

ボトムスは折りたたんだ後、丸めて収納するとシワになりにくく、コンパクトで綺麗に収納できるんですよ。

スカート

参照元URL https://youtu.be/

スカートはレディース限定ですが、たたみ方に毎度悩まされます。

吊るして収納しがちですが、綺麗にたたむとシワになりにくく、型崩れせずに収納できるので、ぜひ動画でチェックしてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?服を長持ちさせるお手入れは、決して難しくはありません。

少しの工夫で、お気に入りの服が長持ちし、節約にも繋がるので、ぜひご紹介した内容をマスターしてみてくださいね。

今回は服を長持ちさせる方法と、正しい洗濯やたたみ方などお手入れを紹介しました。

Sponsored Link