ベビーマッサージの生みの親は、イギリス人のピーター・ウォーカーと言われていますが、インドでは生まれてすぐ、赤ちゃんにマッサージをするという習慣があるそうです。

Sponsored Link

基本的に赤ちゃんを裸にし、オイルを使ってやさしくマッサージするので、スキンシップ効果が大きいようですよ!

そこで今回はベビーマッサージいつからして良いのか?と、マッサージの手順と効果について紹介します。

ベビーマッサージの効果

ベビーマッサージの効果について紹介します。

下記のような効果をもたらしてくれるみたいですよ!

MammysIllust1

参照元URL http://mammys-touch.com/

  • 赤ちゃんがリラックスでき、安心してよく眠るようになる。
  • ミルクの飲みがよくなる。
  • 赤ちゃんの発育に大切な筋肉を刺激する。
  • マッサージに使うオイルが赤ちゃんの肌を保護する。
  • 内臓機能を促すので、便秘が改善する。
  • スキンシップにより絆が高まり、ママ(パパ)のストレスも減る。

ベビーマッサージはいつからできる?いつまで?

生まれて2か月ぐらいからできます。

月齢の上限はとくにありません。

ベビーマッサージはどこで覚える?

ベビーマッサージの教室はたくさんあり、DVDも販売されています。

自分の赤ちゃんにしてあげたいだけであれば、マタニティスクール各地の市役所が開催する市民講座でも、ベビーマッサージが取り上げられているので気軽に学べます。

本格的に勉強したい人は、講座も受ける事ができます。

下の動画でマッサージが見れるので試してみて下さい。


参照元URL https://youtu.be/0qwy7zAfK3w

Sponsored Link

ベビーマッサージをする前に

もちろんベビーマッサージをしてはいけないタイミングもあります。

  • 予防接種を受けた直後。
  • 熱がある場合(37.5℃以上)。
  • みずぼうそうなど、病気のとき。
  • 湿疹や傷が化膿しているとき。
  • 明らかに機嫌が悪いとき、体調が悪いときはマッサージを控えましょう。

ベビーマッサージの準備

ベビーマッサージの準備<

参照元URL https://hoikushi-syusyoku.com/

ここではベビーマッサージをするにあたっての準備について紹介します。

部屋を快適な温度にし、寒い季節であればすきま風等入らないように。

  • 赤ちゃんの服を脱がし、タオルの上に寝かせてあげましょう。
  • おしっこが出てしまうこともあるので、予備のタオルも準備。
  • ミルクを飲んだばかりの時間は避ける。空腹であれば少し飲ませる。
  • オイルを用意する。ホホバオイルアーモンドオイルなど、植物性のほうが良いそうです。
  • いつでも付け足せるよう、ポンプ式の容器に入れておくのが良いでしょう。
  • ポンプ式の容器がなければ、お皿にオイルを出してもよいでしょう。
  • 途中で鳴って赤ちゃんを驚かせないように、携帯電話は電源を切っておきましょう。
  • テレビも消しておきましょう。

ベビーマッサージの手順

  • 最初は赤ちゃんの心臓から遠いほう、足から始めるほうが良いと言われます。
  • あまり力を入れる必要はありません。
  • オイルはたっぷりとつけてください。
  • オイルをケチると、赤ちゃんの皮膚を引っ張ってしまったりするのでよくありません。

関連記事

まとめ

いかがでしたか?

ベビーマッサージの基本は、

  • やさしく、楽しく!
  • 赤ちゃんもママ(パパ)も楽しみながら行う!

というのが一番ですね!

元気いっぱいの子供に成長しますように!

今回はベビーマッサージいつからして良いのか?と、マッサージの手順と効果について紹介しました。

Sponsored Link