スノーボードをする上でウエアは一番目立つので、ウエアの選び方はとても重要になってきます。

せっかく着るならオシャレに格好良く、可愛いく、着こなしたいですよね。

スノーボードのウエアを購入する時、どういったモノを選べばいいか種類やデザインが多くとても悩まれると思います。

そこで今回は、スノーボードのウエアの選び方や、色や大きさなどの購入するポイントを紹介します。

Sponsored Link

スノーボードのウエアの選び方

スノーボードのウエアの選び方をご存じでしょうか?

基本的には自分好みのデザインのウエアを選ぶのが一番いいのですが、知らないと失敗してしまうかもしれませんよね。

ではさっそく、スノーボードのウエアの選び方を紹介します。

ぜひ参考にしてみてください!

ウエアのサイズ

スノーボードウエアを選ぶ時に一番大事なのは「サイズ」です。

普段の衣類のサイズと比べると、スノーボードウエアは全体的に、とても大きめだということは覚えておきましょう。

ウエアの大きさ

参照元:https://rakusnow.com/

スノーボードは腰や膝を曲げて滑るので、ピッタリのサイズだと突っ張ってしまったり、裾が足りなくなったりします。

できるだけ動きやすいように、ゆとりのあるサイズ感を選びましょう。

パンツの長さも普通に履けば長くても、ブーツをはいてから履けばピッタリになります。

後はスノーボードウエアをダボッと着こなしたいか、タイトに着こなしたいかは自分の好みで調整してくださいね。

Sponsored Link

スノーボードウエアの種類

ダウンタイプ

ダウンジャケットタイプは、保温性が抜群で、とても暖かく過ごせます。

ダウンタイプのウエア

参照元:https://loveyoga.live/

寒がりな方や、冷え込みが厳しいゲレンデでのスノーボードにはとても適しています。

レイヤリングタイプ

レイヤリングというのは「重ね着」という意味で、今1番多くみられる機能性抜群のスノーボードウエア。

見た目は少し寒そうですが、防水性や透湿性に優れています。

レイヤリングのスノボ ウエア

参照元:https://www.montbell.jp/

保温性も高く、シーズンを通してずっと使えるスノーボードウエアです。

初心者の方にもおすすめですよ。

中綿タイプ

中綿入りのスノボ ウエア

参照元:https://aucview.aucfan.com/

中綿タイプは程よい暖かさがあるため、寒い時期でも重ね着する枚数を減らせます。

スノボ中はかなり暖かくなるため、よほどの寒冷地でなければ、一般的な使用には全く問題ありません。

Sponsored Link

フードの有り・無し

フードのあり・なし

参照元:https://ameblo.jp/

フード付きのスノーボードウエアを選ぶと、寒い時などとても役に立ちます。

普段着でフードをかぶることはあまりないと思いますが、スノーボードの場合、フードをかぶる機会は多いですよ。

上下セットアップでそろえておく

上下セットアップでそろえる

参照元:https://item.rakuten.co.jp/

ジャケットとパンツをセットアップにしておくと、ジッパーやボタンで簡単に接続できたりすることもあります。

また、ファッションの観点から見ても、統一感があり、オシャレな雰囲気がグッと高まりますよ。

Sponsored Link

派手めのデザイン

スノーボードウエアは、派手めのカラフルな色のデザインも非常に多いです。

「可愛いけど派手過ぎないかな…」と感じても、ゲレンデで見ると自分だけが浮いてしまうようなことはありません。

派手なデザインのウエア

白い雪の中でとても色が映えて、色鮮やかなスノーボードウエアの方が逆に人気があったりします。

もちろん落ち着いた色のウエアも可愛いので、そこのデザイン自体は、自分の好みで選んでくださいね。

セール品には注意

スノーボードウエアのセール品は、前のシーズンの物であれば、とてもお買い得商品があり、ついつい詳しく見ずに購入してしまいますよね。

いくらセール品でも、防水性などの機能性が足りなかったり、スノーボードに詳しい人なら、絶対に買わないブランドなどがあったりします。

セール品には注意

参照元:https://www.bigban.jp/

いくら安くても、きちんとしたウエアかどうか調べてから購入しましょうね!

上記のスノーボードウエアの商品は、ブランド的にも有名で、お買い得なうえ、機能性にも優れているので大丈夫です。

Sponsored Link

インナー

スノーボードウエアの中に着るインナーは、意外と大事です。

インナー

参照元:https://steep.jp/

ランチの時や休憩をする時は、ジャケットは抜いだりしますので、そんな時のために脱いでも恥ずかしくないインナーを着ておきましょう!

スノーボードウエアと色をあわせるなどすると、オシャレにキマります!

人気のカラー

人気のカラー

<レディース>

  • ホワイト・ブラック・ピンク・パープル・イエロー

<メンズ>

  • ブラック・ホワイト・ピンク・ブルー・グリーン・イエロー

この辺りのカラーは、毎年人気がある色でおすすめ。

ウエアのデザインは数多くありますので、あとは自分の好みで選んでみてください。

セパレートタイプとつなぎタイプのスノーボードウエア

スノーボードウエアで、セパレートタイプよりもつなぎタイプを着ている方が、うまく見えたことはありませんか?

セパレートとつなぎ

あまり見かけないからか、スノーボードに慣れている感じがしますよね!

どちらのタイプでもメリット・デメリットがあるので、紹介したいと思います。

セパレートタイプ

<メリット>

  • 脱着が簡単

<デメリット>

  • 隙間から雪や風が入りやすい

 

つなぎタイプ

<メリット>

  • 雪の侵入を完全に防げるのと、冷たい空気も入らないので腰辺りの冷えがない

<デメリット>

  • トイレが不便

今のつなぎタイプだとジッパーで上下離すことができたりしますが、慣れるまでは少し大変かもしれません。

セパレートタイプでもつなぎタイプでも、メリットデメリットがありますが、ゲレンデを滑っている時は特にどちらも変わりませんよ。

Sponsored Link

機能性

ウエアの機能性

参照元:https://item.rakuten.co.jp/

最低限あればいいスノーボードウエアの機能は、防水性、フード、ベンチレーション、パウダースカート、ポケットです。

あくまで最低限なのは理解しておきましょう。

防水性

スノーボードウエアで、防水性がなければどんなに暖かいウエアを着ていても、びしょ濡れになってしまっては、保温力も意味がなくなってしまいます。

防水性はスノーボードウエアにとって、とても大切な機能です。

防水性

参照元:https://www.tablerodecomando.com/

見た目では判断できないので、耐水性の数値をみて判断します。

数値が高ければ高いほど防水性が高いと言えます。

ゴアテックスは防水性に優れた生地だと言われていますので、気にして見ておきましょう。

透湿性

防水透湿性

参照元:https://www.snowsearch.jp/

スノーボードは寒い中のスポーツですが、汗もかきます。

そんな時ウエアの中が蒸れたり、汗で身体が冷えない様に、汗を逃がしてくれる透湿性の高さが重要なポイントになります。

関連記事

まとめ

いかがでしたか?

スノーボードウエアを選ぶ参考になりましたか?

少しでもスノーボードウエアの知識がある方に、一緒に選んでもらうのもいいと思います。

素敵なあなたに合った、スノーボードウエアを見つけてみてください!

今回は、スノーボードウエアの選び方や、色や大きさなどの購入するポイントを紹介しました。

Sponsored Link