冬の大活躍するダウン。冬のおしゃれと防寒欠かせないアイテムの1つですよね。

毎シーズン重宝するダウンですが、正しい収納方法はご存知ですか?

オフシーズン長期収納していて、いざ冬に着用としていたらダウンが劣化していた。なんて経験ありますよね。

お気に入りのダウンの劣化を防ぐためにも、収納方法などのお手入れが大切!

そこで今回はダウンの収納方法!圧縮袋や収納袋を使う際のメリットやデメリットも詳しく紹介します。

Sponsored Link

ダウンを自宅で洗う方法

ダウンの洗い方

繊細な素材であるダウンのお手入れ、難しい・できないとあきらめていませんか?

ダウンは冬シーズンに着用するだけでも、かなり汚れが付着しています。

そんなダウンをそのままオフシーズンに収納し続けると、お気に入りの大切なダウンが台無しに……

ダウンはしっかりお手入れすれば、綺麗な状態をキープしたまま長く愛用していただけます。

収納前のお手入れの基本はダウンの洗い方!ぜひチェックして参考にしてくださいね。

洗濯表示のチェック

ダウンを自宅で洗う方法:洗濯表示をチェック

参照元URL:https://cojicaji.jp/

ダウンの洗う前には必ず洗濯表示をチェックしましょう。

基本、上記画像のように水の入った桶マークがあれば、自宅での洗濯が可能です。

ダウンで洗濯できるのもは、手洗い表示(手を水につけた桶のマーク)がほとんどだと思います。

もしも洗濯マークに×が付いていたら、手洗いでも自宅で洗濯は不可!

その場合はダウンを洗うのはあきらめて、クリーニングに出しましょう。

Sponsored Link

汚れを落とす

ダウンを自宅で洗う方法:汚れを落とす

参照元URL:https://www.clubd.co.jp/

ダウンはエリや袖口の汚れが特に目立ちます。

自宅で洗濯する前に、汗シミなどのひどい汚れは前処理が大切

中性洗剤を溶かした液体をスポンジやタオルに含ませて、軽くたたくように気になる汚れを落としていきます。

この時、強くたたいたりこすったりすると、ダウンや生地を傷めてしまうので「優しく、軽く」がポイントですよ。

また汚れがどこにあるのかわからなくなってしまうので、全体を濡らす前の乾いているうちに処理しましょう。

【動画付き】洗濯機を使った洗い方


ダウンは手洗いが基本ですが、1着でもそれなりに水量が必要で小さい洗面だと洗いにくいですよね。

そんな時は洗濯機を活用しましょう!

洗いから脱水まで丸ごと洗濯機を使用するのはNGですが、洗濯機に水を溜めて桶代わりに使用すると◎

洗濯前にフードやファーがついているダウンは取り外して、ファスナーやボタンは洗濯時に生地を傷めてしまうので、全て閉じておきましょう。

  • 水を溜めて、中線洗剤を適量入れる
  • 洗いの行程は「押し洗い」!30~40回適度押し洗い
  • 脱水(30秒〜1分程度)
  • 「すすぎ」も洗いと同じく、30~40回程度押し洗い。(※すすぎは泡が出なくなるまで、2~3回ほど繰り返します)
  • 脱水(30秒~1分程度)

最後の脱水が終了して、ダウンの洗濯が完了です。

洗濯機から出した後、少しヘタっていますが、室内・陰干しでしっかり乾かせば、ふっくら元通りになりますよ。

意外と簡単にダウンを綺麗に洗濯できるので、ぜひトライしてみてくださいね。

ただしダウンを自宅で洗濯するのは自己責任。少しでも不安がある方はクリーニング店にお願いしましょう。

Sponsored Link

ダウンの収納方法4選

正しい洗濯方法でお手入れが完了したら、続いては正しい収納方法

大切なダウンを劣化させないために、オフシーズン中の収納方法をマスターしましょう。

ハンガーにかける

ダウンの収納方法:ハンガーにかける

参照元URL:https://ameblo.jp/ayakokosuge1026/

ダウンはハンガーにかけて収納するがおすすめ。

型崩れやシワを防ぎ、ふっくらとしたダウンをキープできます。

収納スペースがある場合は、ダウンや他のアウターとの感覚をあけると、通気性がアップしてカビを防げます。

ハンガーはクリーニング店のような細いタイプではなく、太めのしっかりとしたハンガーを選ぶのもポイントです。

長期収納する際、ホコリなどを防ぐために不織布などのカバーを付けるのも忘れずに。

たたんで収納

ダウンの収納方法:たたんで収納

参照元URL:https://kura-nora.com/

吊るして収納するスペースがない場合は、ダウンをたたんで収納しましょう。

ただたたむのではなく、クルクルと巻くようにすると◎

袖を前で交差させ、首元から優しく巻いていきます。フードなどの付属品は外しておくと巻きやすくなりますよ。

ダウンがヘタってしまったり、型崩れを防いでくれます。

巻いたダウンは付属の収納袋や、100円ショップでも売っている不織布の収納袋に入れて保管しましょう。

Sponsored Link

圧縮袋

ダウンの収納方法:長持ちさせるため圧縮袋は使用しない

参照元URL:https://store.ponparemall.com/

圧縮袋は衣類収納時のスペースをたっぷり確保できる、魅力的なアイテムですよね。

今ではハンガータイプの圧縮袋も販売されていて、ダウンの収納に最適!と思われがち。

ですがダウンには圧縮袋を使った収納は、あまりおすすめできません。

ボリュームのあるダウンの収納はかさばってしまうのがデメリットですが、圧縮袋で無理矢理コンパクトにしてしまうとダウンや中綿がヘタったり傷んだりして、ダウン本来の機能を失ってしまうんです

また圧縮袋はビニール素材のため通気性が悪くなってしまいます。

圧縮袋を使ってダウンを収納する場合、しっかり乾燥させてから収納しないとカビの原因にもなるので注意してくださいね。

必ず防虫剤を入れる

ダウンの収納方法:必ず防虫剤を入れる

参照元URL:https://roomclip.jp/

ダウンに使用される羽毛や中綿は湿気に弱く、虫が湧きやすいため、何も対策せずそのまま長期収納してしまうと虫食いにあってしまうことも。

ハンガーやたたんで収納に関係なく、保管場所には必ず防虫剤を入れたり置いたりしてください。

防虫剤特有の臭いが気になりますが、近年無臭タイプや香料が含まれた防虫剤も販売されているのでおすすめですよ。

Sponsored Link

ダウンのおすすめ収納袋!

ダウンの収納には収納袋が必須!

収納時の湿気やホコリからダウンを守ってくれる収納袋を揃えましょう。

それでは最後にダウンのおすすめ収納袋を紹介します。

幅広マチ付きハンガータイプ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:1980円(税込、送料無料) (2022/10/27時点)

ダウンの収納にはハンガー収納が一番!

クローゼットに収納していても、やはりホコリが付着したり湿気が気になりますよね。

スーツやコートなどの収納でも重宝される、ハンガータイプの不織布カバーがおすすめですよ。

こちらは幅広のマチ付きなので、ボリュームのあるダウンでも型崩れせずに収納できます

ライトダウンなどのコンパクトなダウンであれば、2着ほど収納できるのも嬉しいですね。

炭入り消臭袋

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:1000円(税込、送料別) (2022/10/27時点)

圧縮袋だと型崩れを起こしたり、羽毛や中綿を傷めてしまう可能性がありますが、収納スペースがないという方におすすめ!

2本のクロステープを留めるだけで、すっきりコンパクトに収納できるんです。

軽く押さえる状態なので、圧縮袋のように羽毛や中綿がヘタってしまう心配もありません。

また炭加工シートを挟んだ不織布を使用していて、長期収納による気になる臭いを防いでくれるんです。

積み重ねて収納はもちろん、ハンガー収納もできる優秀アイテムですよ。

Sponsored Link

丸めて収納

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:780円(税込、送料別) (2022/10/27時点)

ダウンを丸めて収納する際にピッタリの収納袋ですよ。

1着ずつクルクル丸めて入れるだけの簡単収納

巾着の口には内ポケットが施されているので、ホコリが入るのを防いでくれます。

シーズン中に使用しない時は、折りたたんで内ポケットに収納すれば、ダウンのオフシーズンまでコンパクトに収納できますね。

またダウン以外にも布団やタオルケットなど、かさばるアイテムの収納に重宝しますよ。

ダウンの収納に関連する記事

まとめ

ダウン収納方法:まとめ

参照元URL:https://wear.jp/

いかがでしたか?

ダウンの収納は、収納前のお手入れと正しい収納方法が大切です。

お気に入りのダウンを綺麗な状態でキープして、来シーズンもおしゃれに活躍するためにキチンと保管しましょう!

今回はダウンの収納方法!圧縮袋や収納袋を使う際のメリットやデメリットを紹介しました。

Sponsored Link