寒い冬の季節が終わり、コートを収納する季節が近づいてきました。

Sponsored Link

コートの収納は、意外と悩ませる問題ですよね?

そのままクローゼットに戻すと、カビの原因になってしまいます。

また来年気持ちよく着られる為に、コートを上手に収納する方法が、気になりますよね!

そこで今回は、コートの収納の方法で圧縮やケースなどの便利グッズなどを紹介します!

コートの収納方法を紹介!

ジメジメした場所は、カビや虫の大好きな場所です。

コートなどのアウターは湿気や汗、ニオイ、小さなホコリ等、色々な菌も付いています。

そのまま収納することは危険なので、コートの収納の手順を説明していきます。

コートの除菌


除菌

参照元URL http://www.amazon.co.jp/

コートの収納の手順1つ目は、コートの除菌です。

冬の間、お世話になったコートを、風通しの良い場所で、消臭除菌スプレーなどを、かけ陰干ししましょう。

時間があるのなら事前に、クリーニング屋に出しておくのも良いですね。

しっかりコートを乾かす事がポイントです。

コートを畳む・吊るす


コートを畳む・吊るす収納

参照元URL http://ameblo.jp/

コートの収納の手順2つ目は、コートを畳む・吊るすことです。

コートなどボリュームあるアウターは、吊るすより畳んで収納した方が楽ですよ。

コートを吊るして収納する場合は、かさばらないように圧縮袋に入れたりして、吊るして保管するのも良いですね。

●吊るして収納した方が良いコート

素材により吊るした方が良いコートがあります。ウール、皮、ファー付きコートなどは、シワになりやすいので、吊るして収納した方が良いですね。

●畳んで収納した方が良いコート

畳む方が良いコートは中綿が入っているダウンや、厚い生地のコートはシワが気になりません。

厚い生地のコートは袖を内側に折り畳み、裾の方からくるくると空気を抜くように巻いて、リボンで留めてコンパクトに収納できます。

Sponsored Link

コートの収納の方法

コートを収納する時のたたみ方や収納のアイテムを紹介します。

コートのたたみ方


コートのたたみ方

参照元URL http://www.iris-interior.com/mainichi/49/01.html

肩の部分を折らないように袖を内側に斜めに畳み、タオルを棒状に折り曲げて、タオルを包むようにしてコートをたたみます

タオルがクッションの役割をして、折り目を防いでくれます。

衣装ケースの上の方に入れて、重りをかけないように収納します。

コート専用の収納袋


コートの収納袋1

参照元URL http://ja.aliexpress.com/

コートをたたんでしまえば、収納袋でコートを収納するのが一番簡単だと思います。

できれば収納袋は、柔らかい物よりも芯が四角にあり、ある程度カタチを保つ収納袋がコートのカタチを崩さないで保管でき、おすすめです。

外側が透明窓であれば、収納袋を開封しないでも確認ができ便利です。

コートをギッシリ押し入れず、スペースができるように収納することが、湿気など溜まらずカビができにくいコツです。

防虫剤もコートと一緒に忘れず入れておきます。

Sponsored Link

コートを収納する圧縮袋


コート収納で圧縮袋

参照元URL http://www.murauchi.com/

掃除機などを使い圧縮する方法は、狭いスペースで保管でき便利です。

圧縮することでペッチャンコになり、ベッド下でもクローゼットでも、何処でもコートを収納できます。

しかし上記で説明した通り、ファーが付いているコートや、高級な素材のコートは、避けた方が良いかもしれません。

圧縮することで素材により、フンワリ感が失われることもありますので注意が必要です。

収納ボックスでコートを収納


衣類用収納ボックス

参照元URL http://item.rakuten.co.jp/

場所を必要としますが、衣替えシーズンなどに入れ替えたり、積み重ねたりできる便利さがあります。

またハードボックスなので、コートが押される心配もありませんし、ロックをかけてしまえば、密封されるのでホコリがつく心配もなく、自由に開閉できるので安心です。

収納ボックスで利用する際も、しっかり陰干しをしてから余裕をもち収納します。

もちろん収納袋と同じく、防虫剤を入れておきます。

クローゼット収納カバー


コートのクローゼット収納カバー

参照元URL http://ja.aliexpress.com/

高級なウールコートやファーが付いているコートの収納に向いている、クローゼットに収納できるカバーです。

吊るしたまま収納ができます。

ロングコートにも適していて、シワができにくいことが特徴。

最近の収納カバーは、透明窓も付いているデザインが多いので確認も楽です。

一緒に吊るタイプの防虫剤シートを、入れておくと良いですね。

Sponsored Link

おすすめのコートの収納するグッズ

続いてはおすすめのコートを収納するグッズを紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

オートロックバルブ式のコート圧縮袋

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:2750円(税込、送料無料) (2021/7/27時点)

コート圧縮袋8枚組で、ハンガータイプになっていて、衣替えの時も大活躍のアイテムです。

丈の長いコートもボリュームあるコートなど、衣類が一気にコンパクトに収納できますよ。

衣替えの季節や旅行に便利な圧縮袋です。

コートがコンパクトに収納できますね。

布団・コート・座布団の圧縮袋

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:3180円(税込、送料無料) (2021/7/27時点)

お悩み一発解決!

布団専用の圧縮袋と思いきや、場所がかさばる、衣類やコートをまとめて圧縮できますよ。

コンパクトにコートを収納できて、画期的な布団圧縮袋セットです。

色々なサイズがセットになっているので、コートはもちろん、布団もダウンに毛布もOK!

特大用から衣類用、さまざまなタイプの圧縮袋が入っていますので、冬の衣替えが一気に片付きます。

Sponsored Link

コート・スーツ・ワンピース収納セット

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:568円(税込、送料別) (2021/7/27時点)

冬のコートや洋服を分類収納できて、キレイに収納できますよ。

男性用コート、スーツ、ジャケット、女性用ショートコートにもぴったりで、長めのコートも収納できますね!

季節や用途別など分類して収納すれば、お目当ての衣類を見つけることが楽ですね。

収納している期間も、虫やホコリから大切なコートを守ってくれます!

伸縮式クローゼットハンガー

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:1320円(税込、送料別) (2021/7/27時点)

目隠しカーテン付きで、見た目スッキリにコートを収納できます。

カーテンはベージュで、部屋のイメージを損なわないカーテンです。

突っ張り仕様の伸縮式ですので、部屋の壁を傷めることもなく、クローゼットルームが完成します。

カーテンも取り外し可能ですから、お気に入りカーテンを使ってでも大丈夫ですよ。

炭入りコートカバー

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:3900円(税込、送料別) (2021/7/27時点)

ハーフタイプのコートカバーなので、収納しても中身が見えるので中の確認が楽ですね!

クローゼットのバーにかけたまま、洋服の出し入れが可能で、内側に便利な防虫ポケット付きで、大切なコートを虫から守ります。

ロングコート、ロングワンピースなら2~3枚収納できます。

上部のワンタッチテープを、クローゼットやハンガーラックなどのバーに取り付けて、本体をバーに吊るせるタイプです。

折り畳み収納ボックス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:2980円(税込、送料別) (2021/7/27時点)

こちらのコート収納ボックスは、カラフルで可愛い色が勢ぞろいです。

ベッド下の空いてるスペースを利用して、コートを収納しませんか?

コートや衣類など必要な時に簡単に取り出せ、収納できる嬉しい箱です。

こちらの収納ボックスは、折り畳むことができます。

だいたい厚さ約45mmぐらいになるので、使わない時にも嬉しいですね!

竹炭コート収納袋

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:1408円(税込、送料別) (2021/7/27時点)

押入れの上段に3段入る竹炭コート収納袋は、衣替えの時期などに大活躍です。

竹炭なので収納中も、ニオイを気にしなくて大丈夫です。

積み重ねても形が崩れないよう、積み重ねが可能で丈夫な衣類ケースです。

大切なコートを消臭しながら、収納でき一石二鳥ですね。

透明窓が付いていますので、何を収納したのかももちろん確認できますよ。

関連記事

まとめ

いかがでしたか?

コートは素材によって洗濯できるものや、吊るして収納した方が良いもの、畳んで収納した方が良い物とあります。

大切なコートを上手に収納する方法は、コートの特徴を良く知り、確認して収納することが大事です。

コート収納に優れている商品を、上手に利用して大切なコートを収納してくださいね。

今回は、コートの収納の方法で圧縮やケースなどの便利グッズなどを紹介しました。

Sponsored Link